法論堂の梅2008年03月14日 14時01分06秒

法論堂の梅
三寒四温の季節になりました。
そのせいか肩の痛みも軽くなり、久々にべスパでお出かけ。
目指したのは、通称『半原越え』といわれる峠越えの旧道(法論堂林道)です。

15,6年前は、自転車のマウンテンバイクでよく走りました。
元気だったんだなぁ!

この道は、宮ケ瀬周辺の道路整備がなされる前は、清川村から国道412号の半原に抜ける主要な道。
もっと以前は、村人が清川村の繭を半原に運ぶ道だったようです。
標高500m程まで登るので、晴れると景色いいですよ!

途中、梅がとても綺麗でした。